ここは里山ウォーキングを楽しむクラブです。毎月2回のペースで、オアシス・里山・低山など、バラエティーに富みめったに行くことのできないハイキングが計画され、季節に触れながら、体力に合わせてハイキングが楽しめます。ウォーキングは足腰を鍛え、心身の健康維持に大事なことは分かっていても、なかなか続けられないものです。里山ウォーキングで楽しみながら歩く習慣が身につき、仲間との交流を深めることができます。

                                                                           2021年1月1日  会長 玉村和己

                                                                                                                       

 

           昨年中はコロナと雨でイベントや交流会等が10回程度中止になりました。

           会員の皆様には大変申し訳ないと思っております。

             そこで臨時追加イベントを5回ほど行う事にしました。

           当会は自己責任です。参加の場合はコロナ対策を怠らないでください。

           会イベントでクラスターが発生したら会の存続が危うくなります。

            この所会員も少しずつ増えて45人になりました。大変うれしい限りです。

           そこで今スタッフが不足しております。お手伝い出来る方がいましたら、

                                    玉村又は中島までお申出しください。

 

            1、リーダー候補  2名程 計画や地図など教えます 

            2、事務担当    3名程 会計(決算報告) 役所申請、広告 チラシ作り,

                      会員間の連絡系)など

 

                       今年もコロナに打ち勝って楽しい1年にしましょう。

 

ニュース

緊急連絡

この度 新型コロナ拡大により1月7日に政府が緊急事態宣言を再発令されました

これにより2月7日までのウオーキングイベントを全て中止にする事に決まりました

2月7日以後のイベントについては今後の様子をみて検討する事にいたします

 1月9日(土) 吉野梅郷  (中止)

 1月16日(土)多摩丘陵(Ⅳ)よこやまの道(中止)

 1月23日(土)三浦海岸黒崎鼻小網 (中止)

  2月6日 (土)   日向山 (中止)

 

イベント時における新型コロナウイルスの感染予防対策について

 

 新型コロナウイルスの感染が依然として拡大しております。

 出欠は自分の責任で判断し、参加者は下記事項に注意して下さい。

             記

1、参加人数:しばらくは10人~15人ほどで締め切らせて頂きます。

2、班分け:大人数で集まったり、ぞろぞろ歩くのはやめましょう。3~4班づつの

  班に分けて歩きましょう。

3、体温:各自体温測定してきてください。37度以上の場合参加を控えて下さい。

4、3密を避ける:電車内、バス内、集合場所、休憩時、お弁当時などは、2m以上離れ

  ましょう。特に密接状態でのおしゃべりには注意して下さい。

5、熱中症:暑い中でもマスクをして歩行することになります。マスク着用により熱中症

  のリスクが高まります。ウオーキング中のマスク着用、脱着は自己判断でよって、

  的確に行って下さい。こまめな水分補給も忘れずに。

  *感染拡大が1日でも早く終息することを願うばかりです。

 

 

イベント報告


八王子城跡

八王子城跡

日 時  2020年12月26日(土)

報告者  前田正文

 

参加者  前田、玉村会長、小林、小川、小倉、海妻、早乙女、立花、安村、篠、

     山田、井口、村、大橋、安田、中嶋、 計17名

 

行 程  JR高尾駅~バス松村~下恩方~本丸~ガイダンス施設~解散

 

内 容   JR高尾駅8:00集合8:10バス出発、下恩方の里にて朝の挨拶。そして自己紹介、コース説明、体操~9:15出発~10:08城下の方より登ってくる尾根に交わる今まで土の山道でしたが、ここから石の道になる。

今日は寒いのに日影からの登りで皆さん、寒かったと思います。

八王子神社と本丸はすぐ近く、10:45、早いけどお弁当にしました。

目の前にはスカイツリー新宿高層ビル、筑波山、ランドマークタワー等関東平野が一望でき、風もなく天気がよくとても楽しい時間を過ごしてからのお弁当でした。

下りも楽しく、疲れも知らず展示館まで下り、解散は13:10、一日ありがとうございました。

コースタイム安田さん、会計海妻さん、立花さん、ありがとうございました。

私が行きました、鎌倉の時の西さん、小林さん、大橋さん楽しめましたか、来てくださりありがとうございます。また来てくださいね。

八王子に立派な御主殿があり、しっかりした400年前の石垣が戦国の時代を感じることが出来、とても良かったです。

 


せきれいのみち・ささぶねのみち

    せきれいのみち・ささぶねのみち

        イベント報告書

 

日時:   2020年12月19日(土)

報告者:  堀 嘉余子

参加者:  玉村・中島・矢部・早乙女・前田・篠・立花・飯島

      海妻・山田・井口・内海・小倉・大橋・安田・柿田

      小川・堀        18名

行程:   渋谷駅=日吉駅=東山田駅~早渕公園~せせらぎ公園~

      茅ヶ崎公園~大原みねみち公園~都築中央公園~

      センター南駅

内容:   横浜市営地下鉄グリ―ンラインに初めて乗り、人のほとんどいない

      東山田駅でストレッチ・コース案内・班分けをする。

      駅から早渕川に向かって歩き、白い橋を渡ってせきれいのみちに

      はいる。丘上に広がる住宅街の舗道とハナミズキの並木が一体化している。

      住宅街を抜けると歩道橋で道路を超える。グランドのある早渕公園にでる。

      グランドの脇を抜けて行き、竹林のある雑木林を南に下っていく。

      植栽された緑道と街並みが美しい。春雨橋で県道13号線を渡ると林間の

      小径の様で、小川に沿って所々に赤く染まった紅葉が美しい。

      左に古民家、右に桜並木のある池が見え、せせらぎ公園に入っていく。

      更に西へ進むと、緑道に面してオシャレなレストランのある茅ヶ崎公園

      へ至る。ここまでがせきれいのみちと呼ばれ、この先はささぶねのみち

      と言う。セキレイをよく見かけると言われる大原みねみち公園を抜けると

      頭上に地下鉄ブルーラインの音を聞きながら、御影橋を渡ると街の見晴らしが良い。

                    T字路に出て左に進み橋を渡ると鴨池公園である。

      ここでゆっくりと昼食を取り、又T字路に戻り右に下っていく。

      蛍見橋を渡り右にすすむ。渋沢橋まで三っの橋の下を通り、今日初めての登りに息を切らし

                     都築中央公園のイベント広場に着く。もう一段上に登るり左に降ると階段の上にでる。

                     街の中心に広々とした一本道が通っている。

      左側の奥がセンター南駅である。

      思いの外、寒い中カメラマン・サブリーダーご協力ありがとうございました。

 

 

 


大多摩ウォーキングトレイル

大多摩ウォーキングトレイル

報告: 井口笑子

日時: 2020年12月5日

集合: AM9:45  古里駅(JR青梅線)改札口

参加者:L井口 村 山田 小倉  SL中島 大橋 小嶋 立花  SL前田(正) 早乙女 坂本 

近藤   SL玉村 矢部 飯島 海妻

行程:古里駅10:00~遊歩道~寸庭橋~松の木尾根~展望吉(休憩)~雲仙橋~鳩ノ巣小橋~東屋(昼食12:00~12:40)~白丸ダム・氷川発電所~奥多摩駅

 

朝の悪天候にも拘らず、予報を信じて出発。

古里駅に集合した時には、雨も上がりひと安心。民家の中を柿、柚子、皇帝ダリアなどを見ながらわいわいがやがやと遊歩道に入り、多少のアップダウンを繰り返して、雲仙橋、双竜の滝を見物し鳩ノ巣小橋から残り少ない紅葉を愛で、階段を上りきった東屋で昼食、白丸ダムから車道へ、数馬峡で対岸へもどり再び遊歩道へ、里山を感じながら奥多摩駅にて解散。

寒い中、皆様ありがとうございました

 

 

 

 

 

 

 


芦ノ湖西海岸遊歩道コース

芦ノ湖西岸遊歩道コース

日時 : 2020年11月14日(土)

報告 : 中島悌子

 

コース概略

新宿駅7:00車出発 ⇒ 箱根町港9:15 ~ 白浜9:55 ~ 箒ヶ鼻10:20 ~ 真田浜(昼食)11:10~11:50 ~ 亀ヶ崎12:40 ~ 深良水門13:20 ~ 湖尻水門13:40 ~ 桃源台港乗船14:30 ~ 箱根町港着15:30  コース12km エスケープルート無し

 

参加者 : L中島、前田悦、堀、飯島、中塚、SL玉村、加藤、早乙女、岡野、立花、

                     SL井本、海妻、井口、小嶋、前田

 

芦ノ湖西岸は、箱根の数あるウォーキングコースの中でも自然の森を歩く高低差のないコースです。新宿7:00出発(28人乗りバスに15名)、心配された渋滞もあったが9:00には箱根町の駐車場に到着。観光客も多く船は満杯のようす。

今日はロングコースの為、ミーティングはバス内で済ませて、到着後、すぐに体操、スタート。コースは湖からは少し離れた舗装道路を歩く。山道に入ると静寂の中、原風景が残っている。コース中盤の山道は芦ノ湖側に切れ落たかなり高い崖上に道が作られた際を歩くため、落ちると真っ直ぐに芦ノ湖にドボンとなる。木の根が出てかなり歩きにくい個所もある。道標は要所要所に設置されていて地図と照らし合わせて今どこを歩いているのが良くわかる。

昼食は真田浜、穏やかな湖面、くすんだ色の紅葉、対面に駒ヶ岳が見える。

芦ノ湖を源流とする早川が流れているのが湖尻水門である。バンガローが立ち並ぶキャンプ村を通り抜けると海賊船の待つ桃源台港、14:30に乗船し箱根町港到着15:30。

里山ウォーキングクラブ御用達のレンタカーにて帰京。皆さまお疲れ様でした。

運転のMさんありがとうございます。

 

    芦ノ湖に落ちそうな崖っぷちの道

 

真田浜でのんびり昼食、対岸は駒ヶ岳が見えています。写真は見えません。


     湖尻水門のあたりは広い道が続く。

                 海賊船、赤い方に乗船しました


イベント報告書

 

紅葉真っ盛りの公園、長閑な河岸、展望の素晴らしい公園を歩く

                                     報告者:内海謙治

月日:2020年11月21日(土)

                

集合:午前9時15分 JR青梅線 西立川駅 公園口 陸橋上

 

行程:

①昭和記念公園 渓流広場~日本庭園~原っぱ花畑~イチョウ並木~立川ゲート~

 多摩都市モノレール立川北駅⇒万願寺駅~新井橋~浅川

②浅川 浅川右岸~昼食~京王線平山城址公園駅⇒長沼駅~長沼公園

③長沼公園 長泉寺尾根~展望園地~頂上園地~霧降の道~京王線長沼駅(解散)

 

参加者名:リーダー:内海、サブリーダー:飯島、堀、早乙女

1班 内海、大渕、小倉、平船、加藤    5人

2班 飯島、前田、篠、矢部、井口     5人

3班 堀、村田、玉村、海妻、中塚     5人

4班 早乙女、村、山田、安村、立花    5人   合計20人

 

内容:

秋晴れのハイキング日和となったこの日は紅葉の見頃でもあり、期待を込めて一行は昭和記念公園からスタートした。このイベントは花盛りの5月連休中の開催で計画したが、コロナウイルス感染拡大で延期となり、楽しみの対象を花から紅葉に切換えて再計画を行ったものである。それでも、新会員やお試し会員を含め20人の参加があった。

公園の開園は9時30分と遅めであり、余り滞在時間を取れなかったが、渓流広場(春はチューリップ・ネモフィラ・ポピーが満開で美しい)を経由して日本庭園へ向かった。ここには立派な盆栽が展示されている盆栽苑と池を取り囲むもみじの紅葉とがとても美しいコントラストをなす庭園がある。この時期には夜間のライトアップもされている。

園内での最終スポットは、カナールイチョウ並木とかたらいのイチョウ並木である。イチョウの黄葉を期待していたが、あいにくと前日の強風で落葉してしまい、残り僅かであった。それでも気を取り直して、記念の集合写真を撮影した。

昭和記念公園を後にし、多摩モノレールを利用して次の目的地である浅川へ向かった。車中からは多摩川や立川の街中が眼下に見渡せる。浅川の右岸を歩き始めると、前方に頂上が冠雪した富士山が見えてきた。浅川は多摩川の支流で、とても長閑な川の流れである。途中で昼食を済ませ、平山城址公園駅から長沼駅まで電車移動した。

ここまでのコースは平坦であるが、長沼公園長泉寺尾根道は急な登りとなっており、里山クラブ会員の脚力が試される。展望園地に到着、ここからの眺望は素晴らしくは八王子や日野市街地が見渡せる。近接する頂上園地には広場があり、市民やハイカーの憩いの場所にもなっている。この公園は桜の名所にもなっていて、3月にはかたくりの花も観察することができる。帰路は緩やかな霧降の道を通って、長沼駅まで戻り解散とした。

 

写真は、上から昭和記念公園モミジの紅葉・イチョウ並木集合写真、浅川右岸、長沼公園展望園地集合写真

奥多摩の棒ノ折山969

 ~頂上からの景色は遠くまで見わたせすごーくいいです~

里山ウォーキングクラブ イベント報告書

 

日 時  2020103日(土)

報告者  前田正文

参加者  前田、玉村会長、小嶋、井本、早乙女、矢部、海妻、立花、中場、村、    
     宮島、飯島、井口、安村、岡野、加藤 計16

行 程  川井駅~奥茶屋(930)~山の神(1000)~山頂(1115)~

     出発(1200)~奥茶屋(1330)~川井駅(1400)~解散

内 容  川井駅全員予定通り集合し、奥茶屋に車に乗せて行ってもらいました。

     奥茶屋にて挨拶、準備体操をし出発。

     緑の葉がキレイなわさび街道を少しづつ30分歩き、山の神のホコラにて休憩。
 そこから上
は丸太の階段をひたすら登りました。

     このコースは途中まで景色が何も見えませんが、杉・桧が空に向けて真っすぐに
 伸びて太
陽を遮り、涼しい登りになっています。頂上の下に来ると足元が石の登りに
 変わりすぐ頂上に着いていました。
100人以上が頂上にいたのはびっくりです。

     ガスがなければ秩父の山々を見ながらのお弁当なのに残念です。でも、皆さん
 美味しそうにお弁当を食べる姿を見ていると私は嬉しいです。そして、おすそ
 分けでお腹がいっぱいになってしまいました。

     山栗があったのでいっぱい拾いました。

     帰りもケガもなく、降り、楽しい一日となりました。

     わさび畑が下の方は畑をやっていましたが、上の方はやり手がいなく畑の中が
 草だらけだったのが残念でした。若い方が跡を継がず荒れてしまう姿は残念です。

     奥茶屋に戻り車で川井駅に戻り解散、お疲れさまでした。

 

 写真は上から

 山の神ほこら休憩後出発、山頂集合写真、杉林の下にて休憩 

イベント報告書

宮沢湖から巾着田

日時   2020919日(土)

報告者  堀 嘉余子(リーダー)

参加者  宇都野、中島、早乙女、前田、村田、矢部、加藤、飯島

          小嶋、近藤、安村、玉村、根本,篠、井口、堀  16

行程   飯能駅~加治神社~宮沢湖~高麗峠~巾着田~高麗駅

内容   午前中は曇り空と言う予報を信じて歩き出す。

     中山交差点まで車道を歩くが、涼しくて助かった。

     加治神社の左手より山道に入ると赤土で滑りやすい。

     道幅も広く段差の低い階段で歩き易く、久し振りに

     森林浴を楽しんだ。

     宮沢湖周辺にはレークサイドパークやレストハウスが

     立ち並び、家族連れで賑わっていた。

     湖畔の土手を渡り、林道のT字路を左折してゴルフ場の

     ネットフェンスをくぐり、巾着田分岐を右に見て高麗峠に

     登っていく。峠より先に行くとベンチが有り昼食をとる。

     巾着田分岐まで戻り、左に下っていく。車道に出る手前左を

     ドレミファ橋へ下り巾着田に入った。雨にも振られずホットする。

     降水確率70%の中、参加頂きありがとう御座いました。

 

 写真は、加治神社前にて休憩、昼食風景、高麗川(ドレミファ橋)を渡り、巾着田曼珠沙華公園入口での集合写真

長浜・荒崎

 イベント報告

 

 荒崎・長浜(オアシス

 

報告者:飯島ひろ子

 

日時: 2020815日(土)

 

集合: 午前720 品川駅京急ホーム

 

参加者:L飯島、SL井本、SL中島、早乙女、井口、

     宇津野、 小嶋、立花、内海、堀、宮島、

     玉村  12

 

行程: 三崎口駅(9:15)―円徳寺(10:15)―長浜海岸

    ―ソレイユの丘(10:50~11:25)―荒崎潮騒

    のみち―荒崎公園(昼食 12:40~13:40)

    ―荒崎バス停三崎口駅(15:00)解散

 

内容: 連日の猛暑の中、当初予定していた国道を

    避けて東側の畑の道を歩くこととした。

    井本さんが快く引き受けて下さり、地図を

    みながら円徳寺まで先頭を歩いてもらう。

    秋冬に向けての整地された畑が目についた。

     円徳寺を過ぎ長浜海岸へ。海水浴客で賑わ

    っていた。砂浜からだんだん岩場が多く

    なり、ソレイユの丘へ階段を上がる。

     南仏プロバンスを思わせる美しい公園だが、

    私達は木陰でしばし休憩をとった。

    海岸に戻り、ゴツゴツした岩場を注意しな

    がら進む。

     小さな栗谷浜漁港に到着。シラス干しをし

    ていた。

     裏手の階段を上り、小道を挟んで反対側の

    荒崎海岸に下りられる。

      凹凸のある斜めの地形や浸食によって

    出来た岩礁や洞窟を見ながら潮騒のみちを

    荒崎公園に進む。風もなく、波も穏やか

    だった。

     荒崎公園で昼食を終えて荒崎バス停に向か

    う。

    バスの遅延と渋滞で三崎口駅15時着、解散。 

    暑い中、皆様お疲れ様でした。

     いろいろとご協力頂き、ありがとうござい

    ました。

 

 

 写真は

 

1 長浜海岸から歩き始め

 

2 荒崎潮騒のみちを歩き

 

3 4 荒崎潮騒のみちでの集合写真

 



日の出山

日の出山からスカイツリーを見よう

里山ウォーキングクラブ イベント報告書

 

日 時  202081日(土)

報告者  前田正文

参加者  前田、玉村会長、中島、飯島、矢部、小島、加藤、井口、堀、早乙女

      計10

行 程  御嶽駅~バス~滝本ケーブル~御岳山駅(30分)~神代欅(1時間)~

日の出山(902m)~クロモ岩(旧道)~顎掛岩(1時間)~新旧分岐(30分)~つるつる温泉、解散

内 容  この会にて何回とケーブルを利用する。昔だったら歩いて登ったところです。

挨拶の時、新型コロナの件などの注意。しかしケーブルに乗る登山の人は多かった。

日の出山に向かう1時間半くらいで山頂に着く。年をとってくると、このくらいがいいなぁ~

西武ドームが見えるくらいでスカイツリーはガスっていて見えない。

アジサイが行くとこ行くとこ咲いていて気持ちが柔らかくなりホッとさせてくれた。

歩きやすい天気となり気分よく歩けた。

下りは最後の景色のいいところでブランチをする。

そこから快適な下り、村道を歩き、つるつる温泉発1300のバスにて五日市駅着。

雨も降らず、そんなに暑くもなく良かったです。

幸せな一日ありがとう。皆様、ありがとうございました。

 

 

 写真

1 紫陽花が咲いていた

2 御岳神社参道

3 山頂下の分岐点

 

4 山頂での集合写真


愛宕山・赤ぼっこ

愛宕山・赤ぼっこ(里山)報告

報告者: 飯島 ひろ子
日時:  2020年6月20日(土)
集合:  午前9:15 青梅線 宮ノ平駅 
参加者: L飯島、SL前田、SL井本、SL井口、矢部、玉村,小嶋、安村、
     村田、宮島、中島、山田、堀、立花、見上、宇津野、小林 17名
行程:  宮ノ平駅9:25-和田橋9:40-梅ケ谷分岐10:30―(愛宕山往復)
     ―天狗岩11:50~12:25-赤ぼっこ12:40-馬引沢峠13:00―
     青梅駅14:40解散
内容:  準備体操後、密を避け、4班に分かれて出発する。前日降り続
     いた雨がうそのような晴れの中、和田橋を渡り長渕ハイキングコースと
     なる登山道に入る。木立の間に咲くヤマアジサイのやさしい花に癒され
     尾根を目指して登る。 梅ケ谷分岐で7名は愛宕山往復(30分)へ。
     10名はアップダウンはあるが歩きやすい尾根道を進む。植林の杉と雑木
林が日差しを和らげてくれる。
     この道はマウンテンバイクのコースをでもあり、途中4人
     のグループに会った。ごつごつした道でもバイクで下りるそうだ。
     尾根道を進み分岐から下って登り返すと天狗岩。眼下に青梅の街並み、
     奥多摩の山など眺めを楽しんでいると愛宕山往復した7名も合流(流石
     健脚揃い)。全員で昼食を取り、尾根道に戻り10分程で展望の良い
     赤ぼっこへ。 馬引沢峠から林道を下り、住宅地を歩き釜の淵公園
     に入る。多摩川にかかる鮎美橋を渡り青梅駅到着。
     皆さん、お疲れ様でした。



投稿欄

当里山ウオーキングクラブでは、会員の投稿を掲載しています。

形式は自由、投稿を歓迎します。

投稿 四国一周漫遊記(2)

四国一周漫遊記 ㈡
2018年12月25日
玉村和己
前回は、しまなみ海道サイクリングまでを書いたので、今回は今治に戻った後の続きを書く。
9日目は、今治湯ノ浦温泉に寄り、一泊。
10日目は、住友財閥の元となった別子銅山が新居浜にあったので、どのようにして財閥にまでなったのか興味があり、立ち寄ってみた。
 別子銅山は元禄3年(1690年)に発見され、282年間にわたり約70万トンの銅を産出し、日本の近代化と住友財閥の元となったとのこと。採鉱は当初、別子山村の険しい山中に有り、その入り口は今でも同じ所に有るそうだが、海抜1000m以上の所にあり、簡単には行けないとのことで、残念ながらそこまでは行かなかった。採掘の模様は記念館でしか見ていないが、最深部は海抜マイナス1000mにも及び、いかに大変な事業だったということがよく分かる。明治になってからは、鉱毒事件が何回かあり、現代とは違うが、社会問題もあったようだ。
 香南楽湯という温泉付きの道の駅にて、この日から2泊した。
11日目は、公渕森林公園から双子山および嶽山に登る。この一帯は讃岐盆地で、小さな沼が無数にあり、ところどころにぽつんぽつんと岩山が飛び出している面白い地形だ。この岩山は、そもそも石灰岩でできているのだが、その昔、海のサンゴ礁がプレートに押されてここまでやってきた後、一度は緑の山になったのが侵食により岩山が残ったと思われる。またこの辺の探索に来たいと讃岐うどんをすすりながら思った。



投稿 四国一周漫遊記(1)